ティスたんのイルーナBLOG

エンチャを志す人達の欲しい!知りたい!情報がきっとみつかるエンチャの攻略本のようなブログです。短縮型・マジブレ型・ネタもの すべてのエンチャがここにある!新規ユーザーさんをおいらは情報力でバックアップします!

【エンチャ解説】短縮型の意味と装備とステ振りと作り方

スポンサーリンク
Today’s topic's

作成途中でありますが日々更新していきます。最下部は更新途中であるため仕上がりではありませんよ。ちなみに今回の記事内容は短縮型ってなんぞ?の部分について初心者の人にも分かりやすいように丁寧に解説していきまーす!

 

短縮型の特徴

まずはじめに短縮型の特徴という部分から触れていきたいと思います。短縮型…きっとイルーナ戦記を昨日今日始めました。って人にはちんぷんかんぷんな言葉であることは間違いないと思います。短縮型とは攻撃間隔を短くすることです。1つ例をあげるとするならば…

【通常攻撃間隔】

バシッ………バシッ………バシッ!が通常攻撃の間隔となります。

【短縮攻撃間隔】

バシッ…バシッ…バシッ…バシッ…バシッ…バシッという間隔で通常攻撃に比べ同じ秒数でも攻撃の回数が変わるというもの。

みんな短縮型にすれば良くない?

って思ったそこのあなた!説明しましょぉ。短縮型の特徴は攻撃間隔を短縮できる代わりに通常攻撃【ATK】が半減したりします。つまり、近接職であるパラディン、グラディエーター、ビーストナイト、サムライなどなど…は別に攻撃間隔を短縮できる職の固有スキルもありますが、エンチャと同じ方法で短縮型にしてしまうと攻撃力が激減してしまい近接職の持ち味が活かせなくなるデメリットがあります。

じゃ、何故エンチャはそれができるのか

イルーナ戦記の世界には物理攻撃と魔法攻撃の2種類が存在します、そしてエンチャの得意とする攻撃は魔法攻撃があります。つまりMATKという値が関係してくるので、近接職のようなATK値はそこまで密接に関係・影響するものではありません。しかし詠唱時間のある魔法ならばハイウィザードが得意とするところです。それに反してエンチャは通常攻撃と同時に詠唱の全くない魔法攻撃を付加することができるんです。職の数々のスキルの特性上ATK値を底上げする能力は直接的には、ありませんが、間接的にATK値を底上げするパッシブスキルがあります…エンチャントというスキルです、これはエンチャントする武器…代表的なところで投擲や魔法剣などが挙げられますが、これらを装備したときMATKの値に応じて自然とATK値も底上げされます。ということはATK値を上げる必要性はなく、MATK値を上げれば自ずとエンチャントする武器を装備したときATK値もあがるというわけですね。少し話しが逸れてしまいましたがエンチャは魔法剣などを使いエンチャントの効果を受け魔法攻撃主体で戦うことから物理攻撃力が半減しても問題ないといつことです!つまり、攻撃間隔を短縮してもATK値の影響は受けずに素早い攻撃が繰り出せ、その一撃、一撃に魔法攻撃が乗るということです。冒頭にも述べた攻撃間隔のスピードですが、バシッ………バシッ………バシッに魔法攻撃が毎回乗るのと、バシッ…バシッ…バシッ…バシッ…バシッ…バシッに魔法攻撃が毎回乗るのを比べるとどちらが、ダメージ稼げるかなど考える余地もないかと思います!エンチャは短縮!ってのがお分かりいただけたかなと思います。

短縮型のメリット・デメリット

次にこれを説明したいと思います。この世の中に、メリットしかないことなんてありえないわけでイルーナ戦記のエンチャンターの短縮型にもしっかりとメリットとデメリットは存在します。こちらをよく理解した上で方向性の決定材料にされるといいかなと思います。先ずはメリットの方から解説していきます。箇条書きにしてみますね。

■メリット

  1. エンチャの数ある型の中で最も総合的火力が高い傾向にある。
  2. スキルウェポンとの相性が良い。
  3. 手数多い分狩りがスムーズ。

■デメリット

  1. オートスキル発動率頼みなとこがある分オートスキル発動率底上げ不可能となると火力は低迷しがち。
  2. 継続効果無効にめっぽう弱い。

パッと思いつくところこんな感じです。

オートスキル発動率の重要性

そしてエンチャを構成する中で必ず欠かすことのできない要素がこちらのオートスキル発動率です。先ずは分かりやすそうな例えを思いついたので忘れない内に書き留めておきます(笑)みなさん、トランプを思い浮かべてください。トランプはジョーカー2枚を含めると54枚ありますね。ここで神経衰弱をしてみましょう。ジョーカー2枚を混ぜて10枚ランダムにカードをめくった時ジョーカー1枚引く確率は1/26あたりでしょうか?これを踏まえて54枚の中ならジョーカー -2枚してみて下さい。つまりジョーカーが無い状態です。ここで10枚カードをめくってジョーカーのでる確率は…?はい。ジョーカーが1枚もないのですから全部のカードめくっても出る訳ありませんよね?では逆に掟破りにジョーカー5枚にして同じ事をやってみましょう。54枚中5枚ジョーカーです。あまり計算は得意ではないですが1/11あたりでしょうか。では更にジョーカーを20枚にしてみましょう。この時10回カードをめくった時ジョーカーに当たる確率はもう、1/2程と言えると思います。でも確率なので必ずジョーカーを引き当てることができる確証も保証もありません。でも言えることはジョーカーが2枚の時よりも20枚も混ぜてるのですから格段とジョーカーを引き当て易いということは分かってもらえるかなと思います。これ、オートスキル発動率でも理屈は全く同じなんです。トランプのジョーカー1枚をオートスキル発動率1%だと思ってください。沢山ジョーカー混ぜたらジョーカー引き当て易いのと同じで沢山オートスキル発動率1%を集めればオートスキルを引き当てる確率が跳ね上がるということです。オートスキル発動率は装備やクリスタ、アルクリスタ、ラインボーナス、エンチャ固有スキルのドローなどから賄えます。

オートスキルを引き当てるってどゆこと?

先にも解説したようにオートスキル一杯集めたからといい、毎回オートスキルを引き当てる訳ではありません。でも集めないよりかは集めたほうが良いに決まってる!それは分かって貰えた事と思います。エンチャは攻撃時確率で魔法攻撃を発動するというプロパティをよく目にしますが、1発毎に魔法攻撃を発動するかしないかの抽選が行われてるわけです。それはまるでブラックボックスにオートスキルが固まりとなって混入していて手を入れて1回毎にオートスキルを取れるか取れないかの抽選ってことです。ですから、少ないよりか、多いほうがその違いをより一層分かってもらえるのかなと思います。

短縮型の装備紹介 基本的事項

それではここまで解説・説明してきたことを十分に理解して頂いた上でここからのお話を読んでもらえたら嬉しいです。さて…短縮型の装備ですが、いくつかの優先事項がありますので箇条書きにて伝えたいと思います。

  1. 装備品にオートスキル発動率あっぷの効果があること。
  2. 装備品に確率で追加魔法攻撃が発動するという効果があるもの。
  3. 装備品がエンチャントする武器であること。
  4. 追加魔法攻撃クリスタを挿しても十分な火力が保てるMATK上昇ステータスが組み込まれている装備品であること。
  5. 攻撃速度【aspd】が使用武器の最速であること。例…爪・剣であれば343が基準のベースライン。乱舞等で変動することもあり。

とこの5点が基本的に大事な要素となってきますのでいつも忘れないように心掛けて装備品のコーディネートをしていきましょぉ!

エンチャの戦い方と装備品の相性

上記のように5点の条件さえ満たしていれば高火力を叩き出せるエンチャになれるのかというとまた別の問題が絡んできます。エンチャの火力を引き出すスキルに代表的なものでオリジンがあります。これは4属性に対し火 水 風 地 に対する攻撃力または耐性略を高めるものです。またアイテムで属性ドリンクがあります。これは全属性あります。これらを使って限界まで火力を高めていくのが手法となるわけですが、この時に注意するのが武器・体・追加・【特殊】から発動する追加魔法攻撃の属性を統一することが大切です。

それは何故?

統一する必要性についての説明をチラッとしておきますね。もし火オリジンを使いファイアドリンクを使用したとします。この時に武器は火属性追加魔法攻撃だけど、体が地属性で追加が闇属性だったばあい、上記の2つのスキルの影響を受ける対象の追加魔法攻撃は武器しかないですよね?そうなると、武器の部分の追加魔法攻撃しか威力があがらないからです。この時に武器も体も追加も全て火属性で統一してた場合全ての追加魔法攻撃にオリジン火とファイアドリンクの効果が乗るのです。だから統一したほうがいいということです!

亜種的な短縮型もあるにはある!

これまで解説してきたものが王道の短縮型というもの対してこのエリアで解説していくのは、それとは少し違った短縮型でこんなものもあるんですよー!っていう軽い紹介という形でお伝えしていければと思います。それでは参りましょう!

カダルエレクシオを用いた短縮型

これは仕組みは簡単っ!通常であれば特殊にジャバリの腕輪、ブーストリング。または追加にブースターなどを付けて通常攻撃を短縮するわけですが、このカダルエレクシオを用いた短縮型。ちまたではカダル型と呼ばれてるようです。この仕組みは特殊も追加魔法攻撃が発動する装備とします。いわゆる全身追加魔法攻撃が出るようにします。そして、カダルエレクシオ中は大きく貫通性能とMATKが跳ね上がることからこれを狙ってあえて特殊装備などで短縮しないことです。じゃ、いつ短縮になるのか?疑問に感じる方もいるかと思います。このカダルエレクシオを使用すると数秒間の特殊状態というものが存在します。これはスキルディレイに影響しているらしいのですが、そこは説明するにもややこやしくなるので割愛させてもらいます。そして、この特殊状態の発動条件としてはカダルエレクシオ使用直後魔力暴走値というものがカダルエレクシオを使用することによって現れるものなのですが、スキルの仕様に関しては【エンチャの取説】ティス【付術師】のエンチャ講座☆٩(。•ω<。)و - イルーナ戦記 イルーナのエンチャンターに捧げるエンチャのためのブログ エンチャぶろぐ.comこちらをご覧下さいね。そして魔力暴走値90%以上でも特殊状態は発動するので、この2種を確率的に狙って立ち回るというものです。

まだ他にも亜種的な短縮型はある!

最後に紹介するのはシナリオをある程度進めるとアポストリア解放というイベントを迎えます。そこからアルクリスタというものをパレットと呼ばれる盤面の中にそれらを埋め込むことによって新たな能力を得ることもできます。そして赤色のアルクリスタと青色のアルクリスタで結ばれて形成されるラインは紫ラインとなります。紫ラインの効果はクリティカル率アップ、オートスキル発動率あっぷ。攻撃速度あっぷとなっています。この攻撃速度あっぷを活かしてアルクリスタなどもaspdが上がるものや、装備品でもaspdが上がる物を選択するとAGIのステータスが1のままでもaspdが武器に必要な分のaspdにまで持っていけたりもします。主にこのやり方はマジブレ型に多く、ソロボスはマジブレで…レベル上げはこの短縮で…という人も中にはいます。

エンチャの短縮型のまとめ

いかがでしたか?今回の記事ボリューム…自分でも驚く程の内容となりもしかしたら読み手である、みなさんを疲れさせてしまったかもしれませんね。短縮型というのは他のマジブレ型に比べると火力はあるのかもしれませんが、その分耐久性に欠け打たれ弱いというデメリットもあったり、何より装備にお金がかかります。マジブレ型よりも極めようと思えばお金かかります。スピナがね(笑)そんなおいらもこの短縮型を貫いています。今回の記事では短縮型を書きましたが次回はエンチャでの反撃型についておいらの知ってる限りで書こうと思います。それではまた次回にお会いしましょぉ!