読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

短縮型エンチャについて

概要

短縮型とは通常攻撃モーション速度よりも更に早いモーションで敵を攻撃し、装備品やクリスタから発動される追加魔法攻撃とエンチャ固有スキルであるスキルウェポンを最大限に活かす型のことを指す。

メリット

装備・能力・ステ振り次第で1発10万以上のダメージを叩き出す事も可能であり、オートスキル3カ所とスキルウェポンの同時発動にスペルバーストが乗ると合計で50万越えになることもある火力を秘める。攻撃モーション速度が早いため狩りがスムーズでレベリングには快適なスタイルである。

デメリット

継続効果無効化を掛けられると、チョットだけ強い冒険者に成り下がる程弱体化する。装備品を揃えるのに多額なスピナを要する…また自身で連戦に赴きドロップで集めるにしても相当の根気が必要!オートスキル発動率頼みの部分が100%であることから能力 ★自動 も集めなくてはならず育成に莫大なスピナなり時間が求められる。

相対するマジブレ型との比較

GOOD:火力が高くレベリングがスムーズ。装備の揃え方次第では全属性に対して弱点を突ける事から優位性が高い。AGIにステポを多く使える事により回避性能はマジブレ型の比にならないほど優秀。AGI 256により敵から喰らうクリティカル率が減少する。

BAD:基礎ステータスのAGI が絡んでくることからマジブレ型に比べると攻撃速度を確保するだけでステータスポイントを多く使うことになり結果としてVITに回せる分がマジブレ型に比べ少なく耐久面で心配が多い。継続効果効果無効化を受けた時の立て直しが思うようにいかないと死ぬこともある。

装備品/ステ振りとの関連性

各装備カ所において言える事は確率で魔法攻撃を発動するという性能が備わっている。もしくはMATK/魔法威力【オートスキル発動率あっぷ】が優秀だと思えるものを選択する。前者であればMATK upクリスタをセットし、後者であれば追加魔法攻撃クリスタをセットする。短縮型を行うのであれば追加装備をブースターにしたり特殊装備を短縮の腕輪・ブーストリング・ジャバリの腕輪・クイックガントレットを必ず装備する【カダル型を除く】

ステ振りに関してはINT はカンスト状態 他の VIT AGI DEX (STR) は回避型耐性型ハイブリッド型の大きく分けてこの3つに分かれるので個人の好みによるところがおおいいといえます。つまり回避型ならばAGI多めに振り分け、耐性型であればVITに多めに振り分け、ハイブリッド型ならばAGI256にしてVITも256にするなどです。

育成におけるステ振りマニュアル

エンチャになるにはチュートリアルを終えたばかりの冒険者>魔法使い見習い>メイジ>魔導師見習い>ウィザード>付術師見習い>エンチャンターと転職に転職を重ねていくことで3次職に成ることができます。冒険者からの初めての転職でマナウェーブを習得し魔導師見習いになることでファイアランスアイススピアを習得し、いつしか使用する武器は杖に概ね固定され、どうしてもレベル上げするとなるとそれなりの火力を追い求め、少しでも威力の高い魔法攻撃を繰り出したい。少しでも早く魔法を連続で使用したい…自然とこう思うと思います。おいらも始めたばかりの頃はこのようにおもってましたのでおかしなことではないです。しかしこれを追求するあまりステ振りはINTとDEXをステポの許す限り振りまくるという流れが成立すると思います。こうすればファイアランスの威力も上がり同様にアイススピアの威力もさることながらDEXへの振り分けが高くなるにつれて詠唱速度も短縮されていきレベリングストレスは軽減されます。それはそれでいいと思います・・・ただ。この状況でINTとDEXだけに振り続け、サテリカでLV120を迎え付術師見習いになれるー!ってな具合で付術師見習いになってもスキルウェポンがないため気持ちのいい火力は到底期待もできません。そのうえエンチャのパッシブスキルのエンチャントを活かすとなると魔法剣・魔法弓・投擲あたりを持つ必要がありメインにそこそこやりこんだキャラがいて装備とか用意できない限りは、この時点での装備は恐らくヘクセエスパーダが限界だと思われます。仮に露店で安いプラミアーのスロット無しなど購入できればまだましです。INT1でも2000位のダメージは与えられるので救われる気分になれるかもしれませんが、ここで思い返してみるとaspd343相当が確保できているのかってところです。ウィザード時代に魔法を主体としてレベリングしてれば100%AGIは1だと断言できちゃうくらいみんなが触らないステータスです。それでは付術師見習いになってから苦労するのです。攻撃速度最低な状態なのでストレス溜まってく一方です。中には攻撃速度最低でも気にならないよ。という人も過去にお知り合いにいましたが、おいらには到底理解できない領域です。そして付術師見習いでは狩りの効率がよくないので賢者見習いにでもなってネクノット相手にドレインとファイアランスでレベルあげ・・・という形になり、ますますステポをAGIに振り分ける機会を見失いがちになってしまう訳です。と・・・こうなってしまわないためにも序盤からのステ振りはとても大切になってくるわけです。まずはINTを256を目指してカンストさせます>爪・剣の最速aspd343を意識してAGIをあげていきます>ここで剣を最速で振り回す下準備が整う>DEXを256目指してカンストさせる>VITにも少し振れる余裕がでてくる>アポストリア解放(EP3:イライ攻略後)>INTステータスカンスト維持>DEXステータスカンスト維持>成りたいエンチャ型に合わせていく>各種ステータスLVカンスト&キャラLVカンスト。この流れをおいらはギルメンにも推奨しています。一つの参考にでもなってくれれば嬉しいです。

短縮型エンチャについてのまとめ

どうしても育成段階は弱々しいです!続けて育成する気を削がれるほど道中はマゾイです。でもある程度LVも高くなってくるとどんどん強くなる実感しかしないです!これは本当です。もし、もう少し短縮型エンチャについて詳しく知りたいのであればコチラ をご覧下さい。やり込むほどに楽しく感じる短縮型です!頑張っていきましょう。