読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

光属性装備 パターン ABCDの比較考察

近日公開!

 

現在構想練ってます!

リンクで繋ぐために記事公開してます!

 

今しばらくお待ちください。

装備パターンAを考える

マジブレ型から耐久短縮に向けて育成シフトするさいに僅かに足らないASPDを補うことも可能である。またストラグラーで魔法耐性を上げつつ、ホワイトブリムのMAXHP.MP+5%の特色を活かし耐久面を更に向上させることが出来る反面、火力面では若干物足りない現実もあったりする…

装備パターン Bを考える

ストラグラー強化とカリバーンのコンビネーションによる魔法耐性能力は正に優れたもの。しかしパターンAに比べるとホワイトブリム強化を外してるだけはあってかオートスキル発動率の少なさという面の不安が露呈する。しかしながら魔法耐性を積みつつ、スペルバースト発動率も+20%確保でき攻守共に優れたプロパ値と言える。エミド再強化と比べるとこちらはどちらかというとまだまだソロボスにおいて重宝する装備コーディネートと言える。

 

意外にもエミド使えるかも?

これまでにエミドは魔法耐性のマイナス面が大きいという理由で比較的ボス戦においてはその使用があまり好まれずに雑魚でレベリングする際の火力装備であったり、ストラグラーのVITでMATKあっぷする恩恵を受けられないプラミアーなどの装備に併用して持ち出される事しかあまりなかったのではないなと言えます。しかし今回の合計プロパ値をパターンCにおいて見てみるとカリバーンの魔法耐性と、もしアルクリスタに竜魔レビアムを装着していたとしたら魔法耐性は-5%となります。これにヴェーテンデスなんかもあったりすればガチガチに耐性を積んだ時よりはもちろんその値は落ちますが少なくともマイナス面は払拭できると思うのです。それにストラグラーではVITの影響を受けるのは150前後であったと記憶してますが、ストラグラーにはMATKあっぷは強化でも+3%という低値…一方エミド再強化であれば+16%も上昇します。するとカンストしたエンチャであればストラグラーを装備するよりもエミドにした方が良さげな妄想もしたり現在はしています…。それにエンゼルリングにはオートスキル発動率がありませんがエミドであれば+10%もカバーすることができるのでこの点でもこの組み合わせは評価できますし、エミド再強化にはスペルバースト発動率がありますが、エンゼルリング◇ムジエのほうにもクリスタに+10%のスペルバースト発動率がありますから合算して+20%。これも悪くない数値だと思います。なので更にスペルバースト発動率を高めたい場合はクイックガントレットを使用して穴空けなどがあれば◇魔道士でも挿せば魔法耐性+18%なので魔法耐性もエミド再強化を装備していても、竜魔レビアムとヴェーテンデスのアルクリスタを装着していれば結構な数値を叩き出すのではないかと予想しています。またエミド再強化には絶対回避もあるのでジャバリの腕輪の持つ絶対回避と合わせて使用すれば、ステ振りを耐久短縮としていた場合は少ないAGIでのAVDをまた別の階層で回避する可能性を上げるこの絶対回避もいいかなとも思います!もしかしたらエミド再強化は光エンチャなら使いこなせるものではないかとも考えたりしました。